成功者が実践する朝のシンプルな習慣5選

あなたは毎朝どのように過ごしていますか?
「朝8時に家を出る為に準備が必要だから、7時に起きて、着替えて・・・」
というように多くの人は、仕事や学校の為に家を出るという行動から逆算して起きる時間を決めて活動しているではないでしょうか。

もしあなたが仕事において成功者を目指すのであれば、朝の習慣を見直すべきです!なぜなら成功者は朝の習慣を大切にして、一日をスタートしているからです。
脳神経科学の研究において、睡眠中に記憶が整理された直後である朝の時間は脳がスッキリした状態で1日の中で最も集中力が高くなりやすく、クリエイティブワークに向いていると指摘されています。
しかし、多くの人が朝の重要性に気づかずに過ごしてしまっているのが実情です。

今回は朝を最大限に活用するために、成功者も意識せずにやっているシンプルかつ強力な朝の習慣を5つに絞って紹介します!
朝の習慣を見直すことで、日々のパフォーマンスを上げたり、今までやろうと思ってできなかったことができたりと、人生の充実度を上げるきっかけになるかもしれません。
ここで紹介するものはどれもシンプルで明日からスタートできますので、ぜひ皆さんの活動の参考にしてみてください!

成功者が実践する5つの朝習慣

① カーテンを開けて日光を浴びる

皆さんは朝起きて、身支度を整えて、家を出る時に初めて朝日を浴びていないでしょうか。成功者は朝日を浴びるタイミングが違います。

一つ目の習慣は最もシンプル。朝を起きてすぐに意識的に朝日を浴びるという習慣です。人は朝日を浴びた時に「セロトニン」というホルモンが分泌されます。セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれていて、精神の安定や安心感、頭の回転を上げてくれるなど、幸福感を持って生きる上でとても重要な脳内物質です。この物質を最も簡単に分泌する方法がまさに起床後30分以内に15分〜30分程、日光を意識的に浴びることです。積極的にカーテンを開けて、朝の日差しを感じることがまずは朝の習慣の第一歩です。

② 植物に水をやる

朝、カーテンを開けたら、その流れでベランダや庭に出て植物に水をあげてみましょう。緑は安心感と安らぎを与える色で心身のバランスを整え、リラックスをもたらす効果が期待できます。また植物によっては季節感を感じることができ、植物から自然の生き生きとした躍動感、そして変化によって変わり映えのない日常にスパイスを与えてくれます。また何かを育てるという行動は貢献感や前進感を感じることができます。

近年、家庭菜園が流行っているのは自家製の野菜を育てて食べるという物理的な側面以外にも、精神的に大きく人を成長させる要素の多い行動なのです。
これを期に小さな花壇、観葉植物、ベランダ菜園(ハーブ等)、ミニ盆栽などを始めてみるのはいかがでしょうか?

ぜひ朝日を浴びながら、植物から元気をもらう1日をスタートさせてみましょう!

③ 適度な運動

次に成功者が朝に行っている習慣として、適度な運動が挙げられます。ランニングやウォーキング、サイクリングと言った比較的単調な有酸素運動が良いと言われていて、前述の幸せホルモン(セロトニン)の分泌を促してくれます。

しかし、急に朝からランニングやウォーキングを始めることにハードルが高いと思う方もいるでしょう。そんな時は背伸びやストレッチ等の簡単なものから始めてみましょう。これらの行動だけでも血流がよくなり、朝から気分高揚、脳の活性化そして生産性アップにつながっていきます。

また朝起きて散歩がてら近くのコンビニにコーヒー買いに行く、駅まで道をしっかり歩くといったような普段の生活から運動の意識を持つこともとても大切なことでしょう。

④ 朝食を食べる

朝の習慣4つ目は「朝食を食べる」ということです。朝食は忙しい朝についつい後回しにしがちな行動です。しかし、人は寝ている間にもエネルギーを消費しています。朝の起床時は実はかなりお腹の減っている状態なのです。そのような中で時間がないからという理由で朝食を食べないとどうなるか。体が飢餓状態から守るために昼食の栄養を必要以上に脂肪として蓄えるような体質になってしまいます。最もパフォーマンスが発揮しやすい午前に向けて脳をしっかり動かす為に朝食で得るエネルギーはとても大切なのです。

自宅で食べる気が起きないという方はおしゃれなカフェ等で読書をしながら朝食というのも新たな習慣もおすすめです。家との気持ちの切り替えになり仕事に向けて良い気分転換のキッカケになるでしょう。

⑤ 〈上級者編〉朝日記をつける

最後に紹介する習慣はやること自体はシンプルですが、少し上級者向けの行動かもしれません。それは朝に日記をつけることです。日記といえばその日を振り返って書くものだと一般的に思われていますが、自分軸で1日を過ごすためには1日の初めである朝に書くことをおすすめします。

ではなぜ朝に日記を書くのか。それは今日何がしたいか、今何を考えているかという自分に向き合う為には朝の時間が有用だからです。1日の終わりに書く日記はどうしても過去を振り返ることになってしまいます。その点、朝はこれからを意識して書くので自分の考えがより強く反映されるものになります。その中で今の状況が整理されたり、自分がどのようにその行動について考えているか素直な気持ちに向き合うことができるのです。 1日を振り返ることも大切ですが、成功者は自分軸で生きる為に朝の時間を大切にし、1日をスタートしているのです。

まとめ

成功者が実践する朝のシンプルな習慣5選ははいかがでしたでしょうか。
もう一度振り返りましょう。

・カーテンを開けて日光を浴びる
・植物に水をやる
・適度な運動
・朝食を食べる
・朝日記をつける

仕事や学校を起点にして朝を考えるのではなく、自分を起点に朝を考えるとより豊かな人生を迎えられるはずです!

しかし、いきなり全てを変える必要はありません。ここにご紹介した方法の中で自分に合うものからスタートしてみましょう。その後から自分の興味関心に合った朝の習慣をみつけ、あなたらしい充実の1日をスタートさせてみてはいかがでしょうか。