朝の読書の効果・メリット、読書の効果を倍増する裏技・秘訣を解説します!

朝の読書の効果・メリット、読書の効果を倍増する裏技・秘訣を解説します!

「朝早起きして読書すると、何か良いことはあるの?」

「朝読書の効果やメリットを知りたい」

「朝の読書のオススメの方法とかあるのかな?」

このような疑問や悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では以下を中心に解説していきます。

  • 朝読書の効果・メリット
  • 読書をすることのそもそものメリット
  • 朝の読書効果を倍増する裏技・秘訣

本記事を読めば、朝の読書をはじめる上での必要十分な知識が取得できるでしょう。

ぜひ、本記事で朝の読書の良さを知り、明日から朝読書習慣を試してみてください。

<目覚ましアプリ「メザミー」はこちらから>

目次

朝読書の効果とメリット5選:朝の読書は社会人にこそ超オススメ

朝読書の効果とメリットにはこれらがあります。

難しい書籍の内容も比較的スラスラ頭に入る:朝は理解力が段違い

朝は睡眠で脳がリフレッシュしているため、難しい書籍の内容も比較的スラスラ頭に入る傾向があります。

また、朝に読書をすることはゴールデンタイム(起床後2 〜 3時間程度)を有効活用することにもなります。

ゴールデンタイムは一日の中で最も集中力や気力が高い時間と言われています。

ストレスが軽減する:気分良く一日を過ごせる

朝の読書にはストレスを軽減する効果が期待できます。

実際にやってみて実感することですが、朝読書をすると以下のような感覚を味わえます。

  • 心が落ち着く
  • 気分が明るくなる
  • 集中力が高まる
  • 頭の中のモヤモヤした感情がスッキリする

なお、一日6分の読書でストレスが軽減するという海外の研究データもあります。

インプットしたことをアウトプットしやすい:チャレンジすることを書き出す

朝にノウハウ系の書籍を読めば、インプットしたことをその日の行動に活かしやすいのでオススメです。

読書をしながら実践できそうなことをメモしておき、ToDoリストに登録しておくとよいでしょう。

本を読んで終わりではもったいないです。

自己肯定感が上がる:朝から読書している自分はすごい!

朝から読書に取り組むことで自分に自信がつき、自己肯定感が高まるかもしれません。

朝読書で一日のはじまりに自分の頭を刺激し、知識や感性を豊かにすることで気分良く一日をはじめることができるでしょう。

様々な書籍を通して自分の新たな興味や好みを見つけたり、自分の意見や考え方を深めたりすることができ、自身の成長を実感できるかもしれません。

朝の読書会に参加するば趣味友ができる:ビジネスチャンスがあるかも

朝の読書会に参加すれば、同じ趣味や目標を持つ人たちと出会うことができるかもしれません。

また、そこで出会った仲間と一緒に活動することで、モチベーションも高まり良い気分転換にもなるでしょう。

オンライン・オフライン問わず様々な読書会がありますので、自分の目的に適した所を探してみるのがオススメです。

朝の読書習慣を三日坊主で終わらせないための工夫・コツ

朝の読書習慣を三日坊主で終わらせないための工夫・コツは以下の通りです。

朝起きれないを強制的に改善する:強制目覚ましアプリを使う

朝の読書習慣を三日坊主で終わらせないためにはまず、朝絶対に寝坊しない仕組みを整えることが大切と言えます。

とは言え、これまで不規則な生活習慣を続けてきた方が、自分の意思の力だけで明日から急に規則正しく朝起きることは大変難しいかもしれません。

そこでオススメなのが、以下のアプリを使うことです。

アプリの紹介動画

これはすごいかも…。寝坊したら課金されるアプリ「メザミー」で早起き習慣を身につけよう

アプリのダウンロードはこちら

iOS版

Webアプリ版

アプリの詳細はこちら

目覚ましアプリ「メザミー」|早起き・朝活の習慣化、寝坊・二度寝の完全防止に

まずは読みやすいジャンルの本からはじめる

読書に限らずですが、何事も新しいことをはじめる際には簡単なことから取り組むのが挫折しないコツと言えます。

これまで読書経験があまりないなら、最初は漫画でも良いですし、好きなラノベを読むでもOKです。

早起きと読書に慣れてきたら、少しずつ自分にとって新しいジャンルやテーマに挑戦してみましょう。

読書の幅が広がると知識や見識も増えますし、自然と読書のスキルも向上して速く読めるようになるでしょう。

朝の読書の目的を明確化する:目的に合った最適な書籍を購入して読了予定日を定める

朝の読書習慣を三日坊主で終わらせないためには、読書をする目的・目標を定めるのがオススメです。

仕事のスキルアップが目的ならそれに関連した書籍、教養を身に付けたいなら古典やリベラルアーツ系統の書籍といったように、最初に一通りリサーチしてどのような書籍があるのかピックアップしておくとよいでしょう。

試しに一冊買ってみて、10分で何ページを読むことができるのかカウントして、のんびりペースでいつまでに読み終えることができそうか目安を設定してみてください。

そして、目安ができたらスケジュールに落とし込み、読了予定日を第一目標日から第三目標日まで設定して、達成度合いに応じて自分にご褒美を用意しておくとモチベーションUPになってオススメです。

読書のそもそものメリット:ビジネスマンにとって超有益

読書のそもそものメリットにはこれらが挙げられます。

ボキャブラリーが増える:コミュニケーション能力向上

読書はコミュニケーション能力向上に有益と言えます。

良質な書籍を読めば自然とボキャブラリーが増えて言葉の表現力がUPし、自分の主張や感情を正しく伝えることができるようになります。

論理的思考力が高まる:自然と文章が上手くなり仕事の評価UPに繋がる

読書は論理的思考力を鍛えるのにも役立ちます。

論理的思考力とは、物事の原因や結果、目的や手段、前提や結論などの構造を正しく理解して、判断する能力と言えます。

論理的思考力が高い人は、自分の考えや意見を明確に伝えることができる傾向が強いです。

論理的な文章で書かれた書籍を読むことで、論理的な文章の構成や表現方法が自然と身につき、論理的思考力が向上するでしょう。

また、文章力が高いと仕事の評価も上がる傾向が見られます。

なぜなら仕事ができる人で文章が下手な人は少ないからです。

その人の文章を見れば、その人の能力が透けて見えるとも言われています。

教養が身に付く:ハイレベルな人たちと仲良くなれる可能性が高まる

読書で教養が身に付けば、付き合う人のレベルも自然と上がり年収アップに繋がるかもしれません。

教養があると、ハイレベルな人たちと仲良くなれる可能性が高まります。

なぜなら、歴史・科学・政治・経済などの専門書を読むことで、読書をしない人よりも圧倒的に知識が増えるからです。

高い教養があるとハイレベルな人と何かの機会に一緒になった時も、物怖じせずに会話できるでしょう。

言うまでもないことですが、会話できると人脈が広がりますし、人脈が広がると仕事や人生において有利になる可能性が高まるでしょう。

なお、外資系のビジネスエリートと言われる人の多くが、日常的に大量の書籍を読んでいると言われています。

他人の経験を自分ごととしてシミュレーションできる:備えあれば憂いなし

読書は他人の経験値を自分のものにできるメリットがあります。

小説などで登場人物の喜怒哀楽や成功失敗を追体験すれば、いざ自分がその立場になった際の適切な対処法を知ることができるでしょう。

読書は自分の経験だけでは一生得られない知恵や教訓を、完全な安全地帯から大量に得ることができるのでオススメです。

世界観・選択肢が広がる:ゆとりある人生を掴むための第一歩

当然ですが、人は知らないことは選べないですし、気づけないものです。

様々な書籍を読んで知識が増えると、人生の選択肢や世界観が広がり成功者への第一歩を踏み出せるかもしれません。(多くの成功している経営者は日々大量に読書をしている)

知らないことは、その人にとって存在していないものと同じと言えます。

「あの時にこの知識を知ってさえいれば、あんな失敗しなかったのに…」なんて後悔しないように今日からでも本を読む習慣を生活に取り入れてみてください。

朝の読書の効果を倍増するための秘訣・裏技

朝の読書の効果を倍増するための秘訣・裏技にはこれらがあります。

ジャンルの異なる本を2~3冊手元に用意して交互に読む:知識が混ざり合って良い閃きが得られる可能性もある

一つの本を集中して読むことも大切ですが、長時間読み続けると飽きてしまうこともあります。

そんなときは、集中力が切れたタイミングで他のジャンルの本に持ち替えて読むと、気分転換になって飽きずに読書時間を伸ばせるでしょう。

例えば、以下のようにローテーションさせるのも手です。

  1. 論理的思考力が必要な難しい書籍 
  2. 頭を空っぽにして読めるWeb小説
  3. ノウハウ書

本を読んでいて明らかに内容が頭に入って来なくなったなぁ…と感じた時が、切り替えのベストなタイミングです。

また、違うジャンルの書籍を同時並行で読むことで、それぞれの知識が上手く噛み合って良い気づきが得られる可能性もあります。

重要ポイントをチェックして読書の終わりに簡潔にまとめる:記憶に残りやすくなる

本を読むときには、自分が重要だと思うポイントに目印をつけておき、読了後に300文字程度で学びを簡潔にまとめたり、気づきを整理したりするのがオススメです。

これをすることで、知識が整理されて記憶に残りやすくなります。

また、学んだ内容とそこで得た気づきをSNSに投稿することもおすすめです。(著作権違反に注意して)

自分の学びを発信することで、自分の理解度を確認したり、他の人の意見や感想を聞いたりすることができ学びが深まります。(たまに著者からコメントやリツイートされることもある)

また、SNSで読書仲間ができる可能性もあるでしょう。

昼・夜の空いている時間にもう一度同じ箇所に目を通す:長期記憶に保管されやすくなる

勉強のための読書をしている場合は、朝読んだ箇所を仕事の空き時間や帰宅後にサッと目を通して復習すると、長期記憶に保存されやすく忘れにくくなると言われています。(エビングハウスの忘却曲線)

紙の書籍の場合は重要ポイントに線を引いたり付箋を貼ったりして、すぐに確認できるようにしておくとよいでしょう。

目次からチェックして気になる所から読む:重要な内容は全体の2割

書籍を読むときには目次を熟読して、”ピン”ときた興味のあるところから読み進めると効率的です。

書籍の中で重要なポイントは、全体の2割程度しかないと多くの識者が言っています。

目次をよく読んで、自分にとって重要な部分を見つけ、そこから読み始めると自分にとって価値のある情報を素早く得ることができ、時短になってオススメと言えます。

朝読書のコスパを抜群に高める方法

朝読書のコスパを抜群に高める方法として以下がオススメです。

Kindleアンリミテッドを利用する:大量に本を読みたい人に便利

Kindleアンリミテッドとは、Amazonが提供する電子書籍の読み放題サービスです。

月額980円で、対象となる書籍が読み放題です。

対象書籍は小説やビジネス書、自己啓発書など幅広いジャンルの本があります。

またKindleアプリをインストールすれば、スマホやタブレット、PCなどで読むことができ便利です。

読むのが苦手ならオーディオブックを購入する:満員電車でも便利

オーディオブックとは、本の内容を音声で聞くことができるサービスです。

本を読む代わりに、本の内容をナレーターが読み上げてくれます。

オーディオブックを利用すると、本を持ち歩く必要もなく、目や手を使わずに読書を楽しむことができて大変便利です。

特に満員電車や移動中など、本を読むのに不便な場所でも、オーディオブックならスマホとイヤホンだけで読書ができます。

またナレーターの声や表現によって、本の内容により深く没入することもできるでしょう。

入力文字音声変換ソフトでオーディオブックを自作する:速聴アプリの併用がおすすめ

オーディオブックを自作するのもオススメです。

入力文字音声変換ソフトを使えば、指定した文字を自動で音声に変換して音楽ファイルを数秒で簡単に作成することができます。

音声変換ソフトには様々なものがあるので、好きな音声のものを探してみるとよいでしょう。

Amazonで「ボーカロイド」と検索してみてください。

また、出来上がった音声ファイルは再生速度調整アプリを使って再生すると、自分の聞き取りやすいスピードに微調整することができるのでオススメです。

Webで「速聴アプリ 無料」と検索すれば色々なものがみつかりますので、使い勝手の良さそうなものを試してみてください。

とっつきにくい専門書を読みやすくする裏技・コツ

とっつきにくい専門書を読みやすくする裏技・コツは以下の通りです。

本要約サイトや本要約YouTube動画でポイントを掴んでから読む

本要約サイトや本要約YouTube動画には、専門書の内容が簡潔にまとめられているのもが多くてオススメです。

専門書を読む前にこれらの要約に目を通しておくと、構成や主なポイントを把握することができ理解しやすくなります。

また、専門書に出てくる用語や概念についても、要約では分かりやすく説明されていることが多いです。

本要約サイトや本要約YouTube動画は、Webで検索するとたくさん見つかります。

YouTubeでは「書籍名 要約」などで検索してみてください。

なお、本要約サービスでは以下が有名です。

本の要約サイト flier(フライヤー)

専門書の解説書に先に目を通してからから読む

専門書の解説書とは、専門書の内容を分かりやすく説明した書籍です。

先に専門書の解説書を読むことで、専門書の背景や目的、主な論点や結論などを簡単に把握することができます。

また、専門書に出てくる用語や概念についても、解説書では例や図などを用いてわかりやすく解説されていることが多いです。

解説書を先に読むことで、専門書に対する理解度が高まり、読書のハードルが下がるでしょう。

なお解説書の質やレベルは出版社や著者によって異なりますので、本屋などで手にとっていくつか比較してみるとよいでしょう。

「朝 読書」に関連してよくある質問・Q&A

以下、それぞれ解説します。

朝の読書はどこでするのがオススメですか?

会社員なら会社の近くのカフェがおすすめです。(遅刻防止にもなる)

在宅で仕事をしている人は、近場のオシャレなスポットを探してみるとよいでしょう。

朝の読書は何分が良いですか?

人それぞれですが、苦手な人はまず10分からチャレンジしてみると良いでしょう。

朝読書の4原則とは何ですか?

「みんなでやる」「毎日やる」「好きな本でよい」「ただ読むだけ」、1988年に千葉県の高校教師(林公氏、大塚笑子氏)が提唱した原則です。

朝の読書と一緒にするのがオススメなことは何がありますか?

朝の読書はモーニングルーティンの中に取り入れるのがオススメです。

一通り朝の準備を終わらせてから読書タイムにすると、気分良く読書に集中できるでしょう。

モーニングルーティンについては以下の記事で解説してありますのでご参照ください。

モーニングルーティンのメリット・注意点、オススメの朝のルーティンを徹底解説します!

読書は朝と夜どっちがいいですか?

一般的に朝は左脳が活発になりやすく、論理的思考力が高まると言われています。

そのため朝の読書には、ビジネス書やノウハウ書など、自分の能力や知識を向上させるための書籍がおすすめです。

一方、夜は右脳が優位になり、感性や想像力が豊かになりやすいと言われています。

そのため夜の読書には、小説やエッセイなど、自分の感情や感覚に訴える書籍がおすすめです。

夜の読書は、日中の疲れやストレスを癒すのにも効果的です。

読書は、人それぞれ好きな時間帯で行うのが一番ですが、左脳と右脳の特性を考えると、朝と夜で読む書籍の種類を変えることで、読書の効果を最大限に引き出すことができるかもしれません。

読書の後にやるとよいことを教えてください。

読書の直後に筋トレや有酸素運動を行うと、本で得た知識が長期記憶に保存されやすくなるといった海外の研究があります。

オススメな有酸素運動

詳しくは以下の記事をご参照ください。

朝の有酸素運動のメリット・効果・注意点、効果倍増の秘訣・おすすめアイテムを解説します! – 目覚めジャーナル | メザミー

まとめ

本記事では以下について解説しました。

朝読書の効果とメリット5選:朝の読書は社会人にこそ超オススメ

朝の読書習慣を三日坊主で終わらせないための工夫・コツ

読書のそもそものメリット:ビジネスマンにとって超有益

朝の読書の効果を倍増するための秘訣・裏技

朝読書のコスパを抜群に高める方法

とっつきにくい専門書を読みやすくする裏技・コツ

「朝 読書」に関連してよくある質問・Q&A

朝の読書習慣はお金持ちへの第一歩とも言われています。

ぜひ会社の帰りにでも本屋に立ち寄って、ピンときた書籍を思い切って購入して、明日から朝読書にチャレンジしてみてください。

Ranking